代表メッセージ

IoTの豊富な実績をもとに
「技術と顧客志向」で未来に挑む

当社は1977年、「技術と顧客志向」を理念に掲げ、エレクトロニクスの最先端を追求するベンチャー精神あふれる企業としてスタートしました。その後、さまざまなお客さまのご要望にお応えする中で、ソフトウェア開発からネットワーク構築、ハードウェアの量産までを一貫して行うことができる、独自の強みを持つ企業として成長してまいりました。

2006年にはビル設備自動制御システムの開発に着手し2010年にリリース、また2009年には自動車の稼働状況を遠隔管理する「テレマティクスサービス」をスタートし、10万台以上の実績を積み重ねてきました。このように現在のIoTの先駆けとなるサービスを次々と実現してきた当社は、IoTにおけるパイオニア的な存在であると自負しております。

これまで培ってきた技術とノウハウにより、IoTに関するプラットフォームからデバイス、ネットワーク、ソフトウェアまでをワンストップで提供できることが私たちの強みです。

そしていま当社は、工場のビッグデータを収集・分析し、お客さまの収益向上につなげるなど、蓄積された大量のビッグデータをAIによって分析・加工し、お客さまが望む形でご提供する新たなサービスに取り組んでいます。 少子高齢化による労働力不足への対策や高齢者向けサービスの拡充など、日本の社会が抱えている課題を解決するためのサービスを提供していきたいと考えています。

私たちはこれからも「技術と顧客志向」の理念を大切にしながら、オリックスグループの一員としてチャレンジングな姿勢を貫き、お客さまが求める期待以上のサービスをご提供してまいります。

代表取締役社長
荒木 克彦

page_up